So-net無料ブログ作成

【35歳の高校生】感想 4話



米倉涼子さん主演の「35歳の高校生」第4話の感想・ネタバレです。

デジタルTVガイド北海道版 2013年6月号 【表紙】 「35歳の高校生」米倉涼子/東京ニュース通信社(雑誌)

教師の猿渡(東根作寿英)が教室の窓から飛び降りてしまいましたね・・・。


何とか一命を取りとめましたが、意識不明の重体。


亜矢子(米倉涼子)はその光景を見てガタガタ震えていたけど、その理由は母親が飛び降り自殺をしたことにあるみたい。


少しずつ亜矢子の過去が明らかになってきました・・・。


そして猿渡先生の自殺未遂の原因は教師内のいじめ。


原因がハッキリわかってるのに、教師たちが辞めることもなく今までと変わらない。


ちょっとおかしくない?


特に副校長(横山めぐみ)が悪いのに、飛ばされることもないしクビにもならない。


有り得ないよね~。


職員室では猿渡先生の代わりに小泉先生(溝端淳平)が同じ事をやらされてるし。


ちょっと納得できない終わり方でした。


日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の高校生」オリジナル・サウンドトラック






共通テーマ:テレビ | nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © 気になるテレビ情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。